蓄電システムPOWER STORAGE

ソーラープラザ取扱蓄電システム

  • 太陽光発電システムと同時設置タイプQセルズハイブリッド蓄電システム HQJB-A

    蓄電池ユニット

    最大2kVAの高出力!安全性を最優先した三重保護設計!
    テレビ、照明、冷蔵庫のような常時使用する機器はもちろん、炊飯器や電気ケトルまで同時に使えるので、停電時でも安定した生活を過ごすことができます。

    蓄電池ユニット
    型番 HQJB-BU56-A1
    定格容量 5.6kWh
    使用周囲温度 0℃~40℃
    (氷結・結露なきこと)
    寸法
    (横x高さx奥行)
    約480mmx約610mm
    x約230mm
    質量 約68kg
    設置場所 屋内(据え置き)

    ハイブリッドパワーコンディショナ

    高性能の最大電力追従(MPPT)回路搭載で、業界トップクラスの変換効率96.5%!朝夕、曇りなどの低照度のときでも効率よく運転します。

    ハイブリッドパワーコンディショナ
    型番 HQJB-H55R-A1
    定格出力 5.5kW
    電力変換効率 96.5%
    (JIS C 8961に準拠)
    使用周囲温度 -20℃~50℃
    (氷結・結露なきこと)
    寸法
    (横x高さx奥行)
    約706mmx約407mm
    x約214mm
    質量 約29kg
    設置場所 屋外(壁固定)

    セット参考価格
    2,100,000円(税抜)~

    • 「Q-PEAK S-G5.1 245」 20枚(4.9kW)の場合
    • 蓄電池及び標準工事費を含みます。
    • スレート1面設置での参考価格です。足場代などの追加工事費は含みません。
  • 太陽光発電システムと同時設置タイプ
    パワーコンディショナの老朽化による取り換えを検討中の方にもおすすめです。
    デルタ製ハイブリッド蓄電システムSAVeR-H(セイバーH)

    蓄電池ユニット

    最大3kVAの高出力!大型エアコン、エコキュートなどの200V電気製品にも使用できる!
    停電時、一般負荷分電盤に電力供給ができるため、各部屋のシーリングライトの点灯やコンセントの使用が可能です。

    蓄電池ユニット
    型番 BX_6.0
    定格容量 5.6kWh
    使用周囲温度 -10℃~45℃
    (氷結・結露なきこと)
    寸法
    (横x高さx奥行)
    約552mmx約596mm
    x約200mm
    質量 約75kg
    (本体のみ、取付金具
    含まず)
    設置場所 屋内・屋外

    ハイブリッドパワーコンディショナ

    3回路の独立した太陽電池ストリングス回路を搭載!
    異なる屋根面に設置されている太陽電池も、ストリングスごとに最大出力点を追尾し、効率よく電力を取り出すことができます。

    ハイブリッドパワーコンディショナ
    型番 E6J
    定格出力 5.9kW
    電力変換効率 96%
    使用周囲温度 -25℃~60℃
    (氷結・結露なきこと)
    寸法
    (横x高さx奥行)
    約510mmx約448mm
    x約177mm
    質量 約27kg
    (本体のみ、取付金具
    含まず)
    設置場所 屋内・屋外

    セット参考価格
    1,350,000円(税抜)~

    • 蓄電池及び標準工事、パソコン1台撤去費用を含みます。
    • 太陽電池モジュールの価格は含まれておりません。
    • 参考価格です。追加工事費用は含みません。
  • 停電時に家全体の電気を使いたい方におすすめ!自家使用優先タイプ蓄電システムSmart Star L

    スマートスターLは9.8kWhの大容量!平均的な家庭の1日の消費電力をまかなえます。
    全負荷型家中のコンセントを使用可能なため、設置時に電気を供給するエリアを選択する必要がありません。
    200Vの出力が可能で、エアコンやIH調理器、エコキュートやエネファームなどの機器も使用でき、停電時もいつもと変わらず快適に過ごすことができます。

    蓄電システム単品
    型番 LL3098HOS/B
    定格容量 9.8kWh
    使用周囲温度 -10℃~45℃
    (氷結・結露なきこと)
    寸法
    (横x高さx奥行)
    約762mmx約1,145mm
    x約440mm
    質量 約195kg(脚部含む)
    設置場所 屋外

    セット参考価格
    1,900,000円(税抜)~

    • 蓄電池及び標準工事費を含みます。
    • 参考価格です。追加工事費用は含みません。

電気を蓄え、上手に使う

つくる、貯める、備える。太陽光発電システムと組み合わせることで生活が変わります。これからの暮らしの必需品です。

蓄電システム2つの方法

電力会社から
買う電気で充電

夜間が安くなる電気料金プランを利用すれば、充電費用が抑えられます。

太陽光発電の
電気で充電

充電のための電気代がかかりません。

蓄電システムの[蓄電容量]と[出力]

貯水槽の大きさ

蛇口から出る水の量

容量も出力も小さいタイプ

容量も出力も大きいタイプ

蓄電容量の違い

機器の消費電力が同じなら、蓄電容量が大きいほど、より長い時間使えます。

出力の違い

出力が大きいほど、より多くの機器や、消費電力の高い機器が使えます。

蓄電システムの使い方

平常時

平常時は、太陽光発電でつくった電気を蓄えて、突然曇ってきたときや夜間に蓄電池から電気を供給するなど、太陽光発電と蓄電システムを有効に活用することで、電力会社から買う電気を減らせます。

経済優先モード

電気料金の節約をサポート。夜間電力で蓄電池に充電し、昼間は太陽光発電した電気を使用。余剰電力は売電して、朝夕は蓄電池の電気を使うことにより、電気料金を節約できます。

環境優先モード

余剰電力は蓄電池に充電して、朝夕夜間までできるだけ自家消費を優先させます。停電に備えて設定により残量を変更することも可能です。

停電時

もしもの停電の時でも、非常電源として電気が使えるので、安心して暮らすことができます。日中は太陽光発電システムで発電しながら、余った電力を蓄電システムに蓄えます。夜は蓄電システムから電力供給を行います。

太陽光発電を賢く30年間活用する

蓄電池があれば、FIT(固定価格買取制度)終了後の売電単価の低下にも柔軟に対応できます。

電気料金は年々上がり続けている

年間の電気代は、7年間で平均約16,000円高くなっています。2016年から電力自由化がスタートしましたが、実際に支払っている電気代は削減できていないケースが多いようです。

蓄電システム導入は、「今」がおすすめな理由

理由その1

電気料金を30年間も電力会社に支払い続けることはもったいないです。
導入するなら、今のタイミングがおすすめです。

電気代が毎月12,000円のお家の場合

理由その2

蓄電池はいずれ必要な機器です。おうちの投資は先々の費用がかかる前の、
今決断して投資しておくことが賢い選択です。

理由その3

太陽光発電×蓄電池は、ローン完済の15年でご自身の財産になります。以降は快適な光熱費0円
生活が待っています。費用対効果でみれば、太陽光発電×蓄電池のセットの購入がおトクです。

太陽光+蓄電池

何もしなかった場合

関連商品RELATED PRODUCT

TOP