太陽光発電SOLAR POWER

太陽光発電と災害DISASTERS

自然災害により停電、ガスが使えないという状況に陥ったとしても太陽光発電システムを導入していれば、また太陽光発電システムの機器が無事であるならば、電気が使えるという強いメリットが発生します。しかし太陽光発電システムの機器であるソーラーパネルは屋根に設置されており、ほか一部の機器も外部に設置されていますので自然災害に襲われた場合どうなってしまうのか、その可能性や対策を十分に考えましょう。

自然災害の種類と対策

一般的な自然災害として、風害、雷雨、雪害、塩害、地震、津波、噴火などがあります。元々太陽光発電システムにはこれら災害に対する対策が事前に施されています。その対策については以下よりご紹介いたします。

  • 台風などの強風暴風の場合、ソーラーパネルには建築基準法に基づき強風(地上15mの高さ風速60mの風圧)に耐えられるだけの耐性設計が施されていますので、すぐに飛ばされたり壊れるような心配はないでしょう。

  • 落雷による被害も不安に思うところですが、ソーラーパネルに落雷したというのは極希な現象です。
    ただソーラーパネルに雷を避けるような設計はされていないため、用心する人は「避雷」となるものを別途用意する必要があります。

  • ソーラーパネルに雪が積もった場合、太陽の光が積もった雪によって遮られてしまうため発電量は下がりますが、少ない積雪量であれば被害の心配はないでしょう。また予め積雪量による地域制限が設けられている場合もあります。

    雹や霰によるソーラーパネルの破損も余り心配はないでしょう。ソーラーパネルの表面は強化ガラスを使用しており、JISの規格にて「1mの高さから直径38mm、重さ227gの硬球を落下させ耐えること」と定められています。

  • 海岸付近に太陽光発電システムを導入する際、潮風などにより機材に腐食が走るため設置される太陽光発電には塩害対策がされた製品が使用されます。ですが海岸線との距離によっては導入自体に制限が掛かってしまうことがあります。
    また海水が直接かかる重塩害地域となると、ほとんどのメーカー製品が設置ができません。塩害対策としては少しでも室内に設置できる太陽光発電システムの機器を選び、外に設置しないよう心掛けることがあげられます。

  • もし地震災害によって停電、ガスが使えなくなった場合でも、太陽光発電システムが無事であればパワーコンディショナで「自立運転モード」に切り替える事によって電気を使う事が出来ます。これによって電化製品もある程度は使用が出来るので、災害時ならばテレビやラジオによる情報収集、また携帯電話も充電できますのでいざという時の対応が出来るでしょう。

    地震による津波発生の場合、襲いかかる水の流れが激しいためまず太陽光発電が耐えきるのは難しいところです。

  • 噴火による被害は主に火山灰、そして噴石です。火山灰では降ってくる灰がソーラーパネル表面に付着することで発電量が減少してしまいます。ただし洗い流すことが可能なので、随時手入れをすることで変わらぬ発電力を維持してくれます。また噴石による影響については雹や霰と同じでソーラーパネルには強化ガラスが使用されているため、ある程度のものであれば噴石の被害に耐えることが出来るでしょう。ただし噴石は熱を帯び形も大きいものが多いため、破損する確率は雹や霰より高めです。

災害時に電気を使用する方法

太陽光発電システムを導入している住宅でも、また高くて手が出せないと戸惑っている人でも、電気が使えず停電してしまった場合には下記の方法によって太陽光発電システムの運用、または蓄電システムの併用により電気を使うことができます。

自立運転モードを利用する

太陽光発電システムを導入している建物で最も災害時に太陽光発電を有効活用できる方法です。災害により停電し電気が使えなくなった場合、 パワーコンディショナから「自立運転モード」に切り替えることにより発電した電気を使用することが出来ます。

蓄電池を利用する

太陽光発電システムと一緒に蓄電システムを設置している場合、災害で電気が使えない時でも、蓄電池に貯めた電気を利用することが出来ます。 使える製品には限りがありますが、蓄電容量が大きければ安定して電気を使うことが出来ます。
ただし価格が高いため、手を出すのに少し躊躇してしまうかもしれません。ですが災害時だけでなく、普段の日常でも太陽光発電システムで電力を発電し、蓄電池に溜めれば自宅で発電した電気と貯めた電気を使えますのでより電気代を下げることもできます。

関連商品RELATED PRODUCT

TOP