太陽光発電SOLAR POWER

ソーラーパネルの選び方SELECT

太陽光発電システムの導入を検討されている方に、ソーラーパネルの選び方やチェックポイントを紹介しています。種類によるメリットとデメリットなども解説しています。

ソーラーパネルのチェックポイント

現在ではさまざまな種類のソーラーパネルが販売されており、ソーラーパネルのメーカーも10社以上あります。種類によって特徴やメリット・デメリットがあるので、導入の目的や設置場所の環境に合わせて最適なソーラーパネルを選ぶことがとても大切です。
そこで、太陽光発電システムの導入を検討されている方に、ソーラーパネルを選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。

  • 公称最大出力

    ソーラーパネル単体での
    最大出力量

  • 変換効率

    同じ太陽の光でどれだけ
    効率よく発電できるかを示す

  • ソーラーパネル
    の種類

    材料や構造が異なる
    ため変換効率や気温変化への強さが異なる

  • 価格

    変換効率や種類、
    メーカーによって異なる

  • メーカー保証

    通常は10年、種類やメーカー
    によって15~20年

  • 見た目の
    デザイン

    色や太陽光の反射などが
    ソーラーパネルの種類
    によって異なる

変換効率と種類による特徴、価格、メーカー保証

変換効率はソーラーパネルの最も重要な性能です。同じ太陽の光を当てた場合にどれくらい太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換できるかを示しています。高い変換効率のソーラーパネルは商品単価が高いというデメリットがありますが、面積の狭い屋根でもたくさん発電できるというメリットもあります。
ソーラーパネルの種類も複数あり、変換効率の善し悪しや気温の変化に対する強さなどそれぞれ特徴があります。住宅用に広く普及している多結晶シリコン型は、平均的な変換効率があり価格が安いという特徴があります。しかし暑さには弱いというデメリットがあるので、気温が高い地域にはあまり向いていません。
住宅用に太陽光発電システムを導入される場合は多結晶型シリコンが一般的ですので、施工業者に薦められた場合でも問題ないと思います。より多くの発電を望まれるのであれば、商品単価は高くなりますが単結晶シリコン型やHIT太陽電池を選ばれるのが良いでしょう。

続いてメーカーによる性能保証ですが、以前は保証期間が10年以下のものがほとんどでした。しかし最近ではソーラーパネルの耐用年数が長くなってきており、メーカーによる保証期間も15~20年間に設定されている商品も市場に出るようになりました。経済的なメリットをできるだけ長く受けるためにも、保証期間は20年程度ある種類・メーカーを選ばれることをおすすめします。

見た目のデザインや品揃え、屋根一体型とは

見た目のデザインもソーラーパネルの種類によって大きく異なります。特にアモルファスシリコンは赤系の色が表面に写るので、住宅用の屋根に載せる場合は屋根材との見た目のバランスを考える必要があります。
また三角形の形をしたコーナーモジュール型のソーラーパネルは、寄棟や入母屋屋根に設置する場合は屋根の面積を有効に使えるというメリットがあります。最近ではコストパフォーマンスも向上してきており、製品価格も下がってきているので導入の検討をする余地があります。
住宅を新築される場合は屋根と一体化したタイプのソーラーパネルを選ぶという選択肢があります。屋根の面積を有効に活用できるというメリットがありますが、万が一雨漏りした場合は大規模な修繕が必要となるデメリットもあるので、住宅メーカーと瑕疵担保(住宅の大切な部分を住宅メーカーが保証する保険)についてしっかりと確認しておきましょう。

ソーラーパネルの選び方のまとめ

  • 1
    パネル選びは慎重に

    ソーラーパネルの種類によって特徴やメリット、デメリットがあるので慎重に選ぶこと。

  • 2
    設置費用と発電効率の
    バランス

    売電収入と光熱費削減により初期投資を早く回収するために、発電性能と効率を確認すること。

  • 3
    比較検討が重要

    施工業者を比較検討してみて、入念に発電シミュレーションを行うことが重要。

関連商品RELATED PRODUCT

TOP